シミが剥がれるクリーム

シミが剥がれるクリーム ホンマでっか?tvやためしてガッテンで紹介された?

シミが剥がれるクリームのこと知ってますか?

 

ホンマでっか?tvやためしてガッテンというテレビ番組で「シミがポロっと剥がれるクリーム」と取り上げられた、といううわさがあっという間に広がって、一気に売れたクリームがあります。それが一つではなく2つもあるんですよ。

 

もし本当ならうれしいですよね。

 

 

・アブバニアSPホワイトクリーム

 

・ルミナスホワイトクリーム

 

この2つのどちらもがシミが剥がれるクリームとしてSNSなどで拡散されました。

 

とくにアルバニアクリームの方が一時バカ売れしたようです。今はアップされてないようですがスマホなどの広告に大くて濃いシミがペリっと剥がれる画像が紹介されてたので、つられて購入した人がたくさんいました。

 

 

後でわかったのはシミがペリっと剥がれた画像はレーザー治療の後のものではないか、ということ。結局アルバニアクリームでシミがポロっと剥がれる、というウワサは嘘だったみたいですね。ウワサの出どころは今になってはわかりません。

 

購入した人はものすごく期待して買ったので、何か月も使ってシミが剥がれることはなく少し薄くなった程度、という結果にガックリ。アットコスメの口コミもさんざんで7点満点中1点台という総合評価。期待しすぎたからでしょう。

 

 

タイのシミが剥がれるクリーム リデュ―スクリーム

 

タイで販売しているシミが剥がれるクリーム【リデュ―スクリーム】は本当に剥がれるようです。どうして剥がれるのかというと、ハイドロキノン4%とトレチノインを日本の皮膚科で処方してもらえる高い濃度で配合しています。

 

日本では市販されておらず個人輸入や輸入代理店で買うことができます。お値段は輸入代理店のネット通販で1本29,800円というとても高額なものです。

 

実はタイで買えば1本1,000円前後で買えるものなんですよ。

 

だから旅行ついでに直接行って購入する人もいます。まとめ買いをすればお得になりそうですが、一人1年間に12本までと購入規制があります。

 

 

ハイドロキノンが高濃度で入ってるので本当なら皮膚科に通いながらケアしていくレベルです。使用するときには注意がたくさんあるので、専門家のアドバイスなしに使うのは危険な要素もあります。

 

わざわざ約30,000円ものお金を出してリデュースクリームを買うより皮膚科にいって処方してもらった方が保険がきくし安上がりでしょう。ドクターが注意点についてもきちんと説明してくれるはずですから安心です。

 

 

アルバニアクリームでシミは消えない?

 

配合されている成分をチェックすると本来はそんなに悪いクリームではありません。美白に有効と言われる成分はトラネキサム酸が入ってます。トラネキサム酸は厚生労働省に認可されており、抗炎症作用や抗アレルギー作用などがあります。最近になっえメラニン色素の生成を抑制する働きもある、と注目され調査した結果、美白作用を厚生労働省から認可されたということです。

 

このトラネキサム酸はシミの種類によって有効に作用すると薄くなっていく可能性はあります。でも種類によっては全く効果なし、で終わることも。

 

 

シミ取りクリームで効果がない種類があるので気になったら皮膚科に行ってみてもらっておきましょう。シミによっては皮膚科のレーザー治療や内服薬の方が効果的という場合があります。自分のシミはなにか、ということをわかっておけば効果がないシミ取りクリームに無駄なお金を使わなくて済みますね。

 

アルバニアホワイトクリームで効果的なシミは?

 

アルバニアspホワイトクリームに配合されてるトラネキサム酸とグリチルリチン酸ステアリルが効果的なシミの種類は炎症性色素沈着でしょう。

 

炎症性色素沈着はニキビや傷での炎症が原因で色素沈着が発生するもの。グリチルリチン酸ステアリルは抗炎症作用がありますし、ニキビ予防にも効果的。できればビタミンC誘導体なども一緒に入っていればますます良いのですが。肝斑のシミにはトラネキサム酸が有効ですが、さらにハイドロキノンやビタミンCも必要で、ビタミンとトラネキサム酸の内服も同時進行で行うとさらに良いとか。

 

そのほかの成分にはコメヌカ油、ユキノシタエキス、ボタンエキス、カッコンエキス、クロレラエキス、アロエエキス、天然ビタミンEなども入ってるので、シミ予防には良いかもしれませんね。でもペリっと剥がれることはないでしょう。

 

 

アルバニアホワイトクリームより効果的なクリーム

 

 

アルバニアホワイトに入っているシミに有効な成分はトラネキサム酸ですが、それより効果的なハイドロキノン誘導体とビタミンC誘導体を配合してるオールインワンのシミ取りクリームがあります。

 

ハイドロキノン誘導体はハイドロキノンのように刺激や副作用がないものです。

 

ハイドロキノン誘導体配合オールインワン
↓ ↓ ↓


 

 

結局今あるシミをなくすにはレーザー治療のほか、内服薬、シミ取りクリームなどを種類によって使い分けることです。レーザーで効果がないシミもあります。

 

シミはターンオーバーが遅くなったことが原因の一つですので、古い角質を落ししっかりと保湿していくこのが大事です。

 

古い角質には吸着作用があるクレイパックが肌に優しくて安心。

 

⇒王妃の白珠の最安値と詳細はこちら

 

 

関連ページ

シミを消す
できたシミを消すための対策と方法
シミ予防
30代以上になると増えるシミの悩みの予防法を紹介
シミの治療法
シミを本格的に治療するレーザーなどの方法を紹介
チルシーブの謎
チルシーブというシミケアのスキンケアはどんなものなのか謎を解明しました。口コミもわかります。