シミの治療法

シミ取りの治療法 本格的にケアするなら

シミの治療法について

 

シミは一刻も早く取りたい肌の悩みの一つです。一番早く治療できるのはレーザー治療です。その他にケミカルピーリングというレーザーよりも格安で治療できる方法もありますね。

 

ケミカルピーリングというのは専用の薬剤を使って皮膚の表面にたまった古い角質をはがすことで衰えた新陳代謝をスピードアップしシミを取り除くという方法です。専用の薬剤といっても1種類ではなくいろいろあります。よく利用されているのがグリコール酸やフルーツ酸です。

 

これらの薬剤を直接肌に塗っていくシミ取りの代表的な治療法、ケミカルピーリングのメリットは短い時間でできること。さらにレーザ―などの機械は使わないので気軽にできることでしょう。。このケミカルピーリングをやるなら専門の皮膚科やクリニックでやってもらうのが安心です。

 

ケミカルピーリングをやった後に注意することがあります、。それはいつもより乾燥したり」敏感になってるのでクリニックで受けたアドバイスをちゃんと守ることです。肌が水分不足にならないように保湿葉しっかりとやりましょう。

 

新しい皮膚は紫外線ダメージの弱いので日焼け止めを忘れないことも大事なポイント。

 

 

ケミカルピーリング以上のシミ治療なら欧米でシミ取りの主流といわれるトレチノイン療法です。

 

 

トレチノインを初めて聞いたかもしれませんが実はビタミンAの仲間です。このトレチノインはシミが目立つ肌に塗ることでいつの間にかたまってきた角質を溶かす作用をします。古い角質を溶かすことで新陳代謝を促しタンオーバーを促進しメラニンを外へ排出する治療法です。

 

このトレチノインでの施術はケミカルピーリングよりも肌への負担が一時的に発生します。赤みや炎症、刺激が起こることがあるので、ちゃんとした知識を持った専門家の元でやることが大切です。トレチノイン治療もシミ治療として日本で主流になりつつあります。

 

シミ取りレーザーによる治療

 

ケミカルピーリングやトレチノイン治療よりももっとスピーデイにシミ取りができると評判なのがクリニックでのレーザー治療です。

 

シミを見つけたらすぐにでもなくせたら、すごくうれしいですよね。レーザ治療ならそれが可能でしょう。特にメラニンの蓄積でできたシミや色素沈着なら改善しやすいです。

 

 

初めてレーザー治療をする場合は痛みに対して不安があったりレーザーを直接肌に当てることに躊躇するかもしれませんね。痛みといってもゴムで始まれたような程度。、基本的に安全なものでクリニックで受けたアドバイスを守っていれば安全にシミ取りができます。施術直後は赤くなったりかさぶたがで診たり一時的に色素沈着したようになることもありますが、時間とともにキレイな肌に戻っていくでしょう。

 

 

レーザー治療を受けた後に注意することは紫外線対策です。レーザーを当てたところは絶対に紫外線を浴びてはいけません。

 

 

気になるレーザー治療の料金はクリニックによって全く違ってきます。ちゃんとしたクリニックなら無料のカウンセリングをやってくれるので遠慮せずに受けたほうがいいでしょう。その時に料金についても効くことができます。どんな施術も納得してウkれるのが一番大事です。

 

レーザーでも取り除けないシミもあります。それもカウンセリングを受けることでわかるでしょう。

 

シミに気が付いたら自己判断でケアをしていくのは無駄のお金を使うことになるかもしれません。自分のシミはどんな種類のものなのか原因はなになのか、改善方法はどんなものなのか知っておくことが時短で経済的にシミ取りを」することにつながります。

 

 

 

⇒王妃の白珠でシミを取りたいならこちら

関連ページ

シミを消す
できたシミを消すための対策と方法
シミ予防
30代以上になると増えるシミの悩みの予防法を紹介
シミが剥がれるクリーム
シミがはがれるクリームはホンマでっか?tvやためしてガッテンで紹介されたと宣伝されてるアルバニアホワイトクリームやルミナスホワイト。ほんとうにシミがはがれるのか徹底調査してみました。