シミを消す

シミを消す 美白になるための方法

できてしまったシミは中々消えてくれないものです。それでも何とか薄くしたいですよね。シミがあるだけで見た目の年齢が上がってしまうので悩みの種になってしまいます。

 

 

シミができる原因というと紫外線を浴びることで発生するメラニン。

 

 

市販の化粧品でメラニンを漂白してシミを薄くすることは難しいのが現実です。一般の美白化粧品は未来のシミを予防することはできてもできたシミを消すことは無理かもしれません。

 

できたシミを消す働きがあるハイドロキノン。ハイドロキノンには漂白作用があるので、出来たシミを薄くする可能性があるのですが、効果が期待できる反面、副作用の心配もあるのです。
特に高濃度のものは要注意。

 

シミ以外の部分の塗ってしまうと白斑になってしまうことがあります。

 

 

トレチノインという成分もできたシミを薄くする働きがあると言われます。トレチノインはメラニンを漂白する、というよりもターンオーバーを早めてたまったメラニンを外へ排出させる働きが合います。

 

 

日本の化粧品の法律ではトレチノインを配合することはできないので海外のものを輸入して使用することになるでしょう。

 

 

内側からシミ消し

 

 

化粧品で外からケアするだけでなく飲んで内側からケアする方法もあります。

 

ハイチオールCなどです。

 

 

メラニンの生成を抑制したり無色化し外へ排出をうながす働きがあるL-システインを配合しています。

 

さらに美白成分の代表ビタミンCも「配合してるので相乗効果が期待できますね。

 

 

 

できたシミを消すには化粧品だけでなく内側からの対策というダブルケアも大事ですね。

 

王妃の白珠は肌のターンオーバーを促進してシミの元を外へ排出させ美白していきます。

 

 

⇒王妃の白珠の詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

シミ予防
30代以上になると増えるシミの悩みの予防法を紹介
シミが剥がれるクリーム
シミがはがれるクリームはホンマでっか?tvやためしてガッテンで紹介されたと宣伝されてるアルバニアホワイトクリームやルミナスホワイト。ほんとうにシミがはがれるのか徹底調査してみました。
シミの治療法
シミを本格的に治療するレーザーなどの方法を紹介
チルシーブの謎
チルシーブというシミケアのスキンケアはどんなものなのか謎を解明しました。口コミもわかります。