洗顔料を選ぶときのポイント

洗顔料を選ぶ時のチェックポイント

洗顔はスキンケアの基本ですが、正しい洗顔をやっていますか?その日の肌にたまった汚れをちゃんと落としておくことは美肌を維持するためにとても大事なケアの一つです。意外におろそかになりやすい洗顔のことや洗顔料の選び方についてわかりやすく書いています。

 

 

洗顔料の選び方

 

 

洗顔は美肌を維持するためにスキンケアよりも大事なことです。汚れをすっきりと落としてくれることは大事ですが刺激があったら逆効果です。どんな成分が入ってるのか洗浄力が強過ぎないか、肌に負担になる成分は入っていないのか使用前にしっかりと確認しておきましょう。なるべく合成のものが入っていない洗顔料を選ぶことが大事です。

 

また肌にはそれぞれの肌質というものがあります。基本的には「乾燥肌」「脂性肌」「普通肌」「混合肌」「敏感肌」などに分かれます。敏感肌や乾燥肌が脂性肌用の洗顔を選んだら大変な結果になるでしょう。逆に脂性肌が乾燥肌用で顔を洗うとスッキリしないかもしれませんね。

 

ここで肌質別に洗顔料を選ぶポイントをわかりやすくまとめてみました。

 

乾燥肌や敏感肌の洗顔料選び

 

肌が乾燥すると表皮にあるバリア機能が衰えている傾向があり刺激に敏感になってしまいます。なるべく無添加で洗浄力がスフとなものを選びましょう。洗顔をした後の乾燥を防ぐためにセラミドやヒアルロン酸などの保湿力も備わっていると安心です。

 

配合されてないほうがいい成分はアルコール、鉱物油、合成着色料、合成香料などです。さらに普通なら古い角質を落してくれて透明感が出るピーリングもバリア機能が弱ってる可能性が高い敏感肌や乾燥肌は避けたほうがいいでしょう。衰えたバリア機能の代わりをしてくれる成分が入ってると安心です。例えば天然の植物を原料にしたポリマーなどです。カラスムギ殻粒エキスやアーモンドエキスというのが代表的な天然の皮膜成分です。

 

 

脂性肌の洗顔料選び

 

皮脂の分泌が多く洗顔しても肌がすぐにベタベタしてしまう脂性肌の場合は洗浄力の強いものを選びがちですが、それはタブーです。強い洗浄料で皮脂を取り過ぎると肌は皮膚を守ろうとさらに皮脂を分泌させるという悪循環になってしまうからです。乾燥肌や敏感肌と同じように洗浄する力が優しく保湿成分が入ってるものがいいです。

 

 

ニキビ肌の洗顔料選び

 

ニキビ肌はアクネ菌が多くなってる可能性が高いので殺菌力のある洗顔料を選びましょう。さらに炎症を起こしてることも考えられるのでグリチルリチン酸ジカリウムなどの抗炎症の働きを持ってる成分が入ってると助かります。肌に刺激なく毛穴や皮脂をスッキリさせたいならクレイを配合したものもおすすめです。

 

このようにどんな肌質も基本的には強すぎる洗浄力はマイナスです。

 

 

洗顔料の特徴別の選び方

 

洗顔料には大きく分けて3種類あります。フォーム、ジェル、せっけんです。汚れが落とせれば何でもいいや、というのは大間違い。肌質によって選ぶことが大事です。ここでは肌質別の洗顔料についてまとめています。

 

洗顔フォーム

 

とても使いやすく手軽なのが洗顔フォームです。泡立ちもよく配合成分によっては洗った後も潤いが残るなどメーカーによってさっぱり対応、しっとり対応など様々な工夫が凝らされていますので、どの求める仕上がりによってどんな肌質にも対応してくれるでしょう。その中でスクラブが入ってるものを選ぶときは注意しなければいけません。とくに皮脂が出やすいタイプが選びがちですがスクラブによって皮膚に刺激が伝わり乾燥や色素沈着を引き起こす恐れがあるからです。

 

皮脂分泌が多い肌質の場合は意外に肌が乾燥してることが原因、という傾向があるので保湿成分がはいったしっとりタイプを選んだほうがいいかもしれません。

 

 

洗顔ジェル

 

ジェルタイプは洗浄力が強く洗い上がりがさっぱりする、という特徴があります。多くのジェルタイプの洗顔料はオイル分が含まれていないのでさっぱりした仕上がりになるでしょう。皮脂で肌がベタベタしやすいタイプにおすすめ。でもさっぱりしすぎて乾燥することがあります。ジェルタイプで洗顔した後はしっかりと保湿してクリームで皮膚の内部の水分を蒸発させないように仕上げることが大事です。これは脂性肌でもインナードライ対策にやった方が安心です。

 

注意することがあります。ジェルは泡洗顔するには泡立ちがそれほどいいとは言えないのでゴシゴシトこすらないようにしましょう。

 

洗浄力が強くさっぱり仕上がるので乾燥肌や敏感肌タイプは使わないほうがいいです。

 

 

洗顔せっけん

 

フォームやジェルタイプにくらべると肌に優しいので敏感肌や乾燥肌向きです。余計なものが入ってないので肌への負担の少ないでしょう。泡立てネットでしっかりと泡を立てる泡洗顔をしやすいです。洗浄力は強くないですが乾燥素防ぐために洗顔せっけんで洗った後は保湿をしっかりとする必要があります。

 

脂性肌には物足りないかもしれません。

 

洗顔のやり方もチェックポイント

 

若くてもシワだらけになってしまう原因は間違った洗顔をしてきた可能性が大。角質や汚れが積み重なったままの肌にスキンケアをしても奥に入らずムダになってしまう可能性があります。美容成分を与える前に吸収しやすい肌作りをしておきましょう。

 

眼には見えない汚れや角質をそのままにしておくと毛穴の黒ずみやくすみが目立つことになります。自分の肌質にあった洗顔せっけんなどを選んだら泡立てネットでしっかりと泡立てます。この泡で顔を洗うという感覚が大事です。泡立てずにゴシゴシと洗ってしまうと皮膚にとって刺激になりシワやたるみができる原因になるからです。

 

さらにきれいになるために頑張ったやり過ぎのダイエットも老け顔になる原因。目立つ毛穴の黒ずみも、ちゃんとしたお手入れをすれば回復することができます。適切なスキンケアと生活スタイルの見直しにも眼を向けなければいけません。紫外線や過大なストレス、乾燥、寝不足など、皮膚はたくさんの負担や刺激にさらされています。日ごろの生活や食事にも目も剥けて体全体から肌のコンディションを整えっことも大事ですね。

洗顔料を選ぶときのポイント記事一覧

ファンデを塗るときに用いるパフですが、定期的に汚れを落とすかしょっちゅうチェンジするくせをつける方が賢明です。汚れたパフを使用し続けていると雑菌が増えてしまい、肌荒れを引き起こす原因になるためです。いつまでもツヤツヤした美しい素肌を保ち続けるために必要なことは、高級な化粧品などではなく、たとえ簡単であってもちゃんとした方法で毎日スキンケアを実行することなのです。風邪防止や花粉症防止などに欠かせない...

正しいクレンジング方法きれいな美肌を維持するために欠かせないのがクレンジングと洗顔です。肌のためにはここを手抜きしてはいけません。普段なにげなくやってることですが、意外に間違ってるかも。大人ニキビや肌荒れ、乾燥などの悩みが切れない…という場合はクレンジングと洗顔を見直してみる必要があるでしょう。位置にの終わりに女性なら朝のメイクを落とすことが日課になってるはず。洗顔の前にファンデーションやアイメイ...