プロテオグリカン

プロテオグリカンに期待できる効果と気になる副作用

プロテオグリカンに期待できる効果

 

プロテオグリカンはタンパク質と糖が合体したムコタンパク質です。細胞と細胞を結合させる働きや、ヒアルロン酸の1.3倍もの保水力も備わっています。

 

さらに肌の弾力に欠かせないI型コラーゲンの生成をサポート、メラニン生成抑制、EGF様作用などもあると言われます。

 

 

今ではスキンケアに欠かせない成分の一つですが発見された当時は1グラムで3000万円以上の値段がする高価な原料でした。

 

EGF作用というのは皮膚の細胞を活性化させターンオーバーが促されたり減少した細胞の増殖です。

 

ヒアルロン酸の130%の保水力を持っているプロテオグリカンですが、肌の内部二入るとヒアルロン酸の生成を促す作用がある為、年齢やダメージで乾燥した肌に潤いを与えます。

 

 

研究が進んだおかげで鮭の鼻軟骨にプロテオグリカンが多く含まれてることがわかりやすく抽出できるようになりました。

 

原料が安くなったので積極的に化粧品に配合することができるんです。

 

プロテオグリカンの働きは

 

・ヒアルロン酸以上の保水力
・EGFに似た作用
・ヒアルロン酸生成促進
・I型コラーゲン生成促進
・メラニン生成抑制
・色素沈着予防
・ターンオーバー促進
・皮膚細胞の成長促進や増殖
・抗炎症作用
・抗酸化作用

 

 

プロテオグリカンの副作用

 

プロテオグリカンは化粧品だけでなく変形関節症や生活習慣病のサプリメントや医薬品にも配合されるほど幅広く普及しています。

 

もともと食用にもなる鮭の鼻軟骨から抽出された成分なので基本的に安全なものです。

 

とはいえサプリメントでの過剰摂取はNG.用法用量はキチンと守りましょう。

 

 

化粧品に配合されてプロテオグリカンで副作用屋アレルギーの報告は現在のところありません。

 

だからといって安心せずに初めての使用の場合はパッチテストを行うことをお勧めします。

 

 

>>>王妃の白珠はシミに効果あり?

 

関連ページ

オキナワモズクエキス
オキナワモズクエキスは王妃の白珠の成分です。食べるだけでなく化粧品に入ってるのはどんな効果を期待してなのか副作用はないのか調べてみました。